建物の吹き抜け部分。全体的に、線形の壁が多い印象でした。流れをイメージ?

札幌赤レンガテラス – Akarenga TERRACE

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+23Share on Tumblr0

札幌赤レンガテラス – Akarenga TERRACE 札幌赤レンガテラスへ行ってまいりました! 札幌駅から徒歩5分 ( Akarenga TERRACE ) 雑貨屋や飲食、洋服店などのお店が集合した施設。 展望ギャラリーやアトリウムテラスなど、人々の憩いの空間を提供してくれます。 ※車で来る方は車の大きさの制限があるので確認したほうが良いかもしれません。

※外観等の写真追記しました。
スポンサードリンク

赤レンガテラスと紅葉
NIKON D5000 (18mm, f/5.6, 1/180 sec, ISO200)
10月の終わり赤レンガテラスの外は紅葉です。観光客の方も沢山居てとても賑わっています。

場所はこちら、札幌赤レンガ庁舎(旧赤レンガ庁舎)前。

赤レンガテラスのテラス席
NIKON D5000 (18mm, f/5.6, 1/125 sec, ISO400)
赤レンガテラスのテラス席は10月の終わりは写真のように紅葉を見ながら休憩ができます。
赤レンガテラス横の並木道
NIKON D5000 (34mm, f/5.6, 1/250 sec, ISO100)
テラス席の横は通称アカプラと言われるレンガ造りの広い歩道で、赤れんが庁舎を覗くロケーション。昼の間は人気があり人々が沢山いて賑わっております。

紅葉の赤れんが庁舎もどうぞ

( http://photocarbu.jp/blog/red-brick-shrine/ )

AKARENGA駐車場入口
NIKON D5000 (18mm, f/6.7, 1/250 sec, ISO100)
AKARENGAの駐車場は赤レンガ庁舎側の道路からはいることが出来ます。
ガードマンが立っていて、入れる車かそうでないかを判断してくれています。

外にいない場合がありますが、中にはいるので大丈夫です。
赤レンガ庁舎駐車場
NIKON D5000 (35mm, f/1.8, 1/125 sec, ISO1600)
地下駐車場が狭く、普通車以上の方は要注意です。

私の車は青いRX-8という車種ですが、幅的にかなりギリギリ。車高も車種によりますが、少し高めの車は入れないかもしれません。画像を見ていただければ分かる通り、お隣の軽自動車の高さで普通程度です。CX-5のようなそこまで背の高くないSUVであれば入れるようです。

また、リフト方式?のため幅に制限があり、その隙間に止める自信がない方は、車庫入れで苦労するのが予想されるため、近場の駐車場の利用をオススメいたします。

札幌赤レンガテラス
NIKON D5000 (35mm, f/1.8, 1/180 sec, ISO400)
地下駐車場入り口の看板。オシャレな雰囲気
札幌赤レンガテラス
NIKON D5000 (35mm, f/1.8, 1/180 sec, ISO400)
地下駐車場から1階へ上がると見えてくる。デザインされた壁。影と光の感じがとても雰囲気を出してます。
建物の吹き抜け部分。全体的に、線形の壁が多い印象でした。流れをイメージ?
NIKON D5000 (18mm, f/3.5, 1/180 sec, ISO800)
建物の吹き抜け部分。全体的に、線形の壁が多い印象でした。流れをイメージ?
札幌赤レンガテラス
NIKON D5000 (18mm, f/3.5, 1/180 sec, ISO800)
一階にあるパン屋さん。中央のカウンターを囲むように麦がぶら下がっていてとても面白いです。
札幌赤レンガテラス
NIKON D5000 (24mm, f/4, 1/90 sec, ISO400)
屋上テラスではイベントを開催していました。”アイディアの形展”です。定期的にイベントが開かれている模様です。
札幌赤レンガテラス
NIKON D5000 (55mm, f/5.6, 1/125 sec, ISO250)
屋上の展望テラスからは赤れんが庁舎を見ることが出来ます。
札幌赤レンガテラス
NIKON D5000 (26mm, f/4.2, 1/125 sec, ISO250)
紅葉前の展望テラスから下の眺め
展望テラスの雰囲気はこのようになっていて、天井がなく開放的
NIKON D5000 (18mm, f/4, 1/125 sec, ISO100)
展望テラスの雰囲気はこのようになっていて、天井がなく開放的
札幌赤レンガテラス
NIKON D5000 (18mm, f/4, 1/180 sec, ISO500)
建物吹き抜け部分2階には、アトリウムテラスという休憩スペースが設けられていて、50席ある。質感がサラサラで気持ちのよい椅子が並ぶ。
札幌赤レンガテラス
NIKON D5000 (18mm, f/4, 1/180 sec, ISO500)
2階休憩スペース (アトリウムテラス) は窓側席もありとても広い空間で休めます。樹木もあり雰囲気も良い
札幌赤レンガテラス
NIKON D5000 (18mm, f/4, 1/125 sec, ISO1600)
2階アトリウムテラスから吹き抜けの眺め
札幌赤レンガテラス
NIKON D5000 (34mm, f/5, 1/125 sec, ISO500)
ところせましとデザインされた装飾が目を引く。
2階Brooklyn Parlorさん
NIKON D5000 (22mm, f/5.6, 1/125 sec, ISO1600)
本日お昼ごはんをごちそうになったBrooklyn Parlorさん。ハンバーガーやパスタ、ニューヨーク・ブルックリンのライフスタイルをテーマにしたおしゃれなお店。
札幌赤レンガテラス
NIKON D5000 (35mm, f/2.4, 1/125 sec, ISO100)
1階、2階には飲食店が多くビル街の働く人のランチタイムにピッタリ。もちろんオシャレなお店ばかりなので、デートスポット候補にもなるかもしれません。
札幌赤レンガテラス
NIKON D5000 (35mm, f/3.3, 1/125 sec, ISO200)
私は、アボガドモッツァレラチーズバーガーを注文しました。大きさにビックリ!
とっても美味しかったです。
札幌赤レンガテラス
NIKON D5000 (35mm, f/3.3, 1/125 sec, ISO200)
生ハムシーザーサラダ。生ハムとレタス。見た目だけでも豪華で美味しいサラダ。
1階P'tit sale'
NIKON D5000 (26mm, f/5.6, 1/125 sec, ISO1600)
北海道素材にこだわった本格フレンチをいただけるお店!ランチなどもやっていました。
1階Futura
NIKON D5000 (26mm, f/5.6, 1/125 sec, ISO1600)
読み方はフーチュラ。日本では珍しい、カラフルでユニークな雑貨を取り扱っていて見ているだけで楽しいです。
1階Peche Grand
NIKON D5000 (32mm, f/5.6, 1/125 sec, ISO1600)
函館の名店ペシェ・ミニョンが展開するカフェレストラン。[/caption

[caption id="attachment_436" align="aligncenter" width="1000"]2階鶴雅ビュッフェ ダイニング札幌 NIKON D5000 (18mm, f/5.6, 1/125 sec, ISO1600)
旅館やホテルで有名な鶴雅グループのビュッフェレストラン。赤レンガテラスでも特に大きなお店で、パーティや宴会にも

2階ABCクッキングスタジオ
NIKON D5000 (24mm, f/5.6, 1/125 sec, ISO1600)
料理やパン、ケーキなどが学べる料理教室です。ガラス張りでとてもきれいな教室で学ぶことが出来ます。
赤レンガテラス地下歩行空間からの入り口
NIKON D5000 (18mm, f/5.6, 1/125 sec, ISO1600)
赤レンガテラスは札幌駅前通地下広場、通称チカホからも入ることが出来ます。4番出口の横に赤レンガテラスへの入り口があります。地下入り口もオシャレです。雨の日は濡れずに入ることができますね。

クリスマスとかイベントシーズンは見どころになりそうなスポットです^^

こちらに載せていないお店様等、まだまだ沢山ありますので一度足を運んでみてください!

※秋の赤レンガテラス・お店等の写真追加いたしました
※駐車場について追記いたしました。

執筆者

久保 侑也 - YUUYA KUBO
久保 侑也 - YUUYA KUBO
現在は東京でWEBデザイナー / コーダーを務めながら、趣味の写真を撮り続けています。北海道に置いてきた愛車をこよなく愛す変人。
情景や体験を写真で切り抜き発信。誰かの役に立てば嬉しいです。

「札幌赤レンガテラス – Akarenga TERRACE」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。