函館100万ドルの夜景 - 再

函館100万ドルの夜景撮影の3つのポイント

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0

函館旅行中撮った一枚。夜景の現像はかなり好き嫌いが出るので難しいですね。
あらためて、函館山の上から見る夜景はトップクラスで綺麗です。
実際に撮影してきて感じた3つの撮影するためのポイントをご紹介します。
スポンサードリンク


函館100万ドルの夜景 - 再 NIKON D5000 (18mm, f/11, 3 sec, ISO800)

<撮影スポット情報>

1.ロープウェイ稼働時間帯は入山を避ける

まず写真撮影が目的の方はロープウェイ稼働時間は避けましょう。撮れたもんじゃないです。まず、人混みの中は三脚は使えないので、ブレやノイズがのりやすいです。

2.早朝か深夜がねらい目

やはり、ゆっくり見れる方が感動が大きいです。
カップルのデートは、よりロマンチックに。
観光時間帯(ロープウェイ稼働時間21:00まで)を避ければ車で上がれるので、マイカーをオススメします。ネックにはなりますがレンタカーなど借りても。損はしないはず。
もちろん山頂の駐車場は豊富なので、無料駐車場に止められるはずです。

2.暖かい恰好を

そこそこ標高は高いので、上着一枚は持ってあがりましょう。
少し肌寒い9月ごろ夜景の反対側の海ではイカ釣り漁の船の光も撮ることができますよ!

※人混みを避ける時間帯は街の明かりも少し消えているので、パーフェクトなものが見たい方は20時前に見に行くとよいかもしれません。

<撮影のポイント>
この写真は展望部分で撮影した一枚ですが、ありきたりな見た目になっちゃいます。
しかし、綺麗です(笑

光と黒のバランスが大切な状況。
カメラ性能とのにらめっこなので詰めると難しいです。
私の場合、イルミネーション的な要素が多いと思いましたし、キラキラした夜景が撮りたいので露出は若干+へISOは低くし、長時間露出で撮影しました。(光が少し輝く

場合によっては街が雲海?函館の街が雲に沈む場合もあるそうなので、それはまた別の幻想的なイメージの設定を探る必要がありそうです。

#D5000 + #Nikon Dx AF-S NIKKOR 18-55mm 1・3.5-5.6G
Exp 3.0 f11 ISO800 18mm 2014/08/15 23:38
#函館   #夜景 #北海道 #Hokkaido   #hakodate #nightview
寄稿先: フォトキャブろぐ ( http://photocarbu.jp/blog/?p=173 )

執筆者

久保 侑也 - YUUYA KUBO
久保 侑也 - YUUYA KUBO
風景からポートレート。物撮りまでなんでも撮ってます。
北海道生まれで星撮りが趣味。車とゲーム・アニメコンテンツも好きで多種多様。
楽しく写真を撮っていける方法を紹介するPhotoCarbu.jpの代表。